セクシーすぎるミニスカポリスが赤坂に出動!夜の取り調べでカンパイ!

1990年代半ばに青春時代を過ごした諸兄であればご存じだろう。「タイホしちゃうぞ!」の決めゼリフで人気を博したテレビ番組を。ミニスカポリスのコスチュームに身を包んだグラドルがゲームに挑戦したり、カスタムカーを紹介したりといった、パンチラ満載、お色気要素たっぷりの30分を。
いい番組だったなあ。ブラウン管の前で、さとう珠緒のむちむちすぎる太ももに釘付けだったことを思い出す……。

と、なぜ急に今から20年以上も前の話を始めたのか。それは「ミニスカポリスのガールズバーがオープン」という情報をキャッチしたから。その名も『RED SLOPE 110(レッドスロープイチイチマル)』!

これは行かずにいられまい! というわけでさっそく同店の所在地である、東京・赤坂の街に繰り出した!

セクシーすぎるミニスカ美脚!日本とアメリカ、どっちがお好み!?

“ミニスカポリス”といえば、欧米諸国にも愛好家が多いセクシーコスプレの代表格。本コーナーでも取り上げたことがあるバニーガールと双璧をなす存在だ。

2018年11月に新規オープンした『RED SLOPE 110』。東京メトロ赤坂駅の1番出口から赤坂見附方面へ歩くこと約3分(赤坂見附駅からも近い)。店内には赤色灯やモデルガンが飾られているほか、刑事ドラマなどでおなじみの「KeepOut!」と書かれた黄色いバリケードテープが張り巡らされている。


カウンター席のほかVIPルームも用意。

そんな事件現場さながらの非日常空間に出動した2名の女性警官。
スリットスカートで悩殺するワカナちゃんと、アメリカンスタイルのイクミちゃん! 

かわいい! セクシー! 超ミニスカ!

刺激的で挑発的な美脚に目を奪われ、あっという間に挙動がおかしくなった容疑者(筆者)。カウンターに連行されて、“取調室のカツ丼”よろしく、一杯の生ビールで「僕は脚フェチです!」とあっさり白状しましたとさ。悩殺ポリスの日米合同捜査を前にしたら、どんな男も落ちるに決まっているのだ。


イクミちゃんはワンピースタイプのアメリカンポリス。


ワカナちゃんはスリットの入ったミニスカ婦警。

ガールズバー未経験の仲良しポリスに事情聴取!入店のきっかけはお母さん!?

生ビールに続き、焼酎で本日二度目の乾杯。もちろん肴は2人のおみ足。もうね、堂々と拝ませていただきますよ。ワカナちゃんに「見すぎ(笑)」とイエローカードをもらったのは内緒の話だ。

ほんのり酔いも回ってきたところで、今度は2人を取り調べ。
そこで入店したきっかけを聞いたところ、ワカナちゃんからは「『ガールズバーウォーカー』を見て決めた」との答えが。

「“ガールズバー 求人”でググったら検索ページの一番上に出てきたんです。それでいろいろお店を調べて、『RED SLOPE 110』に決めました。新規オープンだったのと、赤坂という場所に惹かれたのと、あとはミニスカポリスのコスプレができるガールズバーは珍しからなんかいいなと思って」

ちなみにワカナちゃん、ガールズバーで働くのは同店が初めて。水商売の経験者だった母親に影響されて「一度やってみたかった」のだとか。素晴らしいお母さんですな。おかげで我々はワカナちゃんに会うことができました。


制服は第二ボタンまで開けるという挑発的スタイル!

同じく未経験からのスタートだというイクミちゃんは「友だちと一緒だったので不安はありませんでした」とのこと。実は、その友だちがワカナちゃん。

「高校のときからの友だちなんです。ミニスカポリスの衣装はちょっと恥ずかしかったけど、着てみたらかわいいし、今はお気に入りです。全部で4種類あるんですけど、特にワンピースタイプが好きですね」

ポイントはちょっぴり大きめの帽子。こんなにキュートなアメリカンポリスにだったら、何度だって事情聴取されたい! と、いつの間にか再び容疑者気分になっていた筆者であった。


好みのタイプは「いっぱいお酒を飲ませてくれる人(笑)」とのこと。

男は誰でもミニスカが大好き!今だけ限定のオープニング記念割引も実施中!

都内でも珍しいミニスカポリスのガールズバー。店長いわく「お店を始めるにあたって、他店との差別化をはかるためコンセプトを設けた」とのことだが、それにしても数あるコスチュームの中から、なぜミニスカポリスを?

「赤坂にこういうスタイルのガールズバーが少ないってこともありますけど……やっぱりみんな、ミニスカが好きじゃないですか(笑)

単純明快、それ正解! はい、みんな大好きであります! 
また「ホットパンツタイプのコスチュームもあるんですけど、エロいですよ(笑)」とも。もはやミニスカ関係なくなってる、とか野暮なツッコミをするなかれ。男のスケベ心を満たしてくれる飲み処を用意してくれた店長の英断に、ただただ拍手を贈るばかりである。

そして「リクエストがあれば着替えもOKですよ」とワカナちゃん。もちろん筆者の答えは「よろしくお願いします!」一択。ワカナちゃんのスレンダーなシルエットがくっきりはっきりのフィットした一着は、最高のひと言。だが、興奮しすぎて写真を撮るのを忘れるという大失態をやらかした……。読者の皆さまには、現地でのお楽しみということでご勘弁を。

さて、同店の通常料金はワンセット60分3,000円。ビール、焼酎、ウィスキー、ソフトドリンクが飲み放題というコース内容。じつにリーズナブルだ。

しかも今ならオープニング記念と題して、以下の割引サービスを実施中。サクッと飲みたい場合も、残業で遅くなっても、財布に無理なく楽しめること間違いなし!

・90分4,000円(オールタイム)
・40分1,500円 ※20時までに入店したお客様限定
・スタッフと名刺交換すればワンセット半額 ※22時までに入店したお客様限定

20代前半までの美女ポリスが多数出動中の『RED SLOPE 110』。脚フェチはもちろん、男なら一度は行ってみるべき、今もっとも注目のガールズバーである。
写真や動画の撮影を強要したり、お触り、泥酔で大騒ぎ、その他迷惑行為には“本物”がやってくるのでご注意を。

 

(取材・文/三好キスケ)


キュートなポリスの事情聴取は大歓迎!

【 RED SLOPE 110(レッドスロープイチイチマル) 】
ジャンル / ガールズバー
お問い合わせ / 03-6277-8191
住所 / 東京都港区赤坂3-19-8 赤坂ウエストビル4F
交通手段 / 各線赤坂駅から徒歩3分
赤坂見附からも徒歩3分と好立地
営業時間 / 17時~翌5時
定休日 / ほぼ年中無休
Twitter / https://twitter.com/nk04363771
Instagram / https://www.instagram.com/red.slope110/
割引クーポン / PCから / スマホから

  • 日間
  • 週間
  • 月間